健康・美容に効果的「テンペ」の魅力

感想 / レビュー

前回の発酵飲料に続き、今回は発酵食品「テンペ」の紹介をしていきたいと思います。

テンペはインドネシア発祥の発酵食品。大豆をテンペ菌という菌で発行させている食べ物。

日本で大豆の発酵食品と言うと納豆が有名ですね。納豆は納豆菌を使って発酵しているのに対して、テンペはテンペ菌を使用して作られている発酵食品という事になります。

納豆に作る過程は似ていますが、匂いは納豆ほど強くなく、ほとんど糸も引きません。見た目も固まった大豆の集合体の様な形で、納豆に比べると色々な料理として調理がしやすそうなのも特徴。

インドネシアでは週に一回は食卓に並ぶほど一般的な食材となっているとの事。厚みもあり、食感も肉に似ている事から最近ではアメリカでも健康食品として、ベジタリアンやヴィーガンのを中心に人気の食材となっています。

テンペと栄養

テンペは植物性タンパク質やミネラル、食物繊維、ビタミンB 群、イソフラボンなのど栄養素をたくさん含んでいます。
また発酵食品は吸収が良いのも利点の1つ、元の食材よりも栄養を体内に取り入れ安いという特徴もあるんだとか。

吸収性の他に抗酸化性が高い事もテンペの特徴。抗酸化性は加齢と共に減少する傾向にある為、普段の食事によって接種する事が大切です。

参照元:http://www.tempestfoods.com/about.html

美容効果

テンペの元になっている大豆は、みなさんも知っての通りイソフラボンやポリフェノールが豊富に含まれています。特徴としては、女性ホルモン「エストロゲン」の様な働きをしてくれるので、美肌をキープしてくれたりコラーゲンを増やして肌のハリを保つ役割をしてくれる他、更年期障害にも良いと言われています。

また、テンペは食物繊維を多く含む為、腸の老廃物を取り除き、働きを助けてくれる効果も期待できる為便秘気味の方にもお勧めです。

低カロリー高タンパクでダイエット中の方にもぴったり。

テンペの美味しい食べ方

海外では肉の代わりとして食べられている事が多いテンペ。日本ではまだ馴染みがあまりないかと思いますが、いくつかテンペ料理に挑戦してみたのでご紹介します。
 今回使用したテンペ

テンペ入りペペロンチーノ
通常のペペロンチーノにテンペを入れて一緒に炒めるだけ。
今回はソーセージも入れてみました

感想:味が薄かったのかテンペ自体の味をすごく感じました。テンペは結構淡白な味わいなので、もう少し濃い味付けの方が良かったかもとおもいました。

テリヤキテンペ
にんにく、醤油、みりん、砂糖を混ぜた中にテンペを入れて30分〜1時間程放置。

フライパンで、テンペに火が通るまで炒めて完成です。

感想:今回は味付けをしっかりしたので、肉に近い食感と味わいになりました。ご飯にも合いそうです。

サンドイッチ
テリヤキテンペをサンドイッチにしただけです。
ミックス野菜を入れて、食パンに少量のマヨネーズを塗りました。

以上、基本的に和洋中なんでも合いそうなので、色々挑戦していきたいです。

みなさんも美容、健康にも良いと言われる「テンペ」機会があれば是非お試しください。