ニューヨークのアパートでネズミと戦った話

その他

ニューヨークの物件に初めて引っ越してきた時に困った事、それはゴキブリとネズミ。ゴキブリだけなら日本の家や私が以前アメリカの別の州に住んでいた時にも悩まされていましたが、流石にネズミが家の中を走り回る事はありませんでした。

しかし、ニューヨークではあるんです!ネズミが家の中を走り回って、我がもの顔でゴミ箱をあさる…。考えただけで鳥肌が立ちます。

ゴキブリだったらスプレーで退治できますが、ネズミはそうはいきません。

そんなわけで、今回は私が体験したネズミ駆除のお話です。
ネズミでお困りの方の参考になれば幸いです。

エクスターミネーターにお願い

ニューヨークにはドアマン付きのアパートがたくさんありますが、そんなアパートでは、必ずと言って良い程、定期的にエクスターミネーター(害虫駆除)が来ます。ドアマンビルじゃなくてもアパートの管理人さんに言えば業者を呼んでくれると思いますが、ドアマン付きのビルは週に1回業者が来る所が多いので、その日に駆除の要望を出しておけば、お部屋まできてスプレーなどをまいてくれます。

私のアパートも築100年近く経っていますが、一応ドアマンがおり、害虫駆除が週1回きてくれるとの事だったので、まずはお願いしてみました。

実際業者さんが来てやってくれる事は、害虫が出そうな所にスプレーをまいてくれて、ネズミ退治用にはGlue traps(葉書より少し大きいサイズのシートに粘着性のあるのりが付いている物)とよくテレビなどで見るネズミが近くと挟むタイプの仕掛けをしてくれました。

 Glue trap
出典:AMAZON
挟むタイプのtrap
出典:AMAZON

それだけ?と思いましたが、実際その時ネズミが居ない場合はそれしかしてくれません。それで捕まっていれば自分で始末する、と言う感じです。

結局、Glue Trapsは粘着力が足りないのか、上を歩いた後はあるけど、捕まっておらず。挟むタイプのtrapには近づいた形跡もなく。夜中には走り回っている音が聞こえてくるし…。気持ち悪くて夜も眠れないくらいでした。

何度か業者に来てもらったり、取り急ぎお店で追加のGlue trapを買って増やして捕まえる方法や、Trapの位置を変えたりもしましたが、やっぱり捕まらない。

ネズミ VS 私

私のアパートに居たネズミは日中でも家の中を走り回ったり、トイレに入るとトイレの隅の方から走って出てくる事があったので、そこを狙う事にしました。

ちょうどトイレに入っている最中に隅っこに居たネズミが勢いよく出てきたので、とっさにトイレの詰まりを取る道具「ラバーカップ」↓↓を使って捕獲する事にしました。

トイレ便器に座って用を足している最中にいきなり出てきたので、トイレの中は私の悲鳴と物が倒れる音でかなりカオスな状況になっていましたが、どうにかラバーカップの空洞の部分に閉じ込める事に成功。

この作戦で1匹捕まえる事ができましたが、流石にその後ラバーカップの中のネズミをどうすれば良いか分からず、アパートのメンテナンスを呼びました…。(ラバーカップにでネズミ捕まえたと言ったら爆笑されました)

あとは夜中にゴミ箱をあさっていた瞬間にゴミ箱に閉じ込める作戦でもう1匹。

そして、業者の人が置いていった挟めるタイプのtrapをネズミがいつも出てくるだろう場所の隙間ギリギリに置いてさらに1匹捕まえました。

合計で3匹って、これってエンドレスなんじゃ…。と思い、隙間全部を塞ぐしか方法はないという事で、今こんな感じになりました。↓

最終的にはこれが一番効いたのか、その後ネズミは出なくなりました。

なので、ネズミが出て困っている方は「ネズミが侵入してきているであろう穴という穴を塞ぐ事」これが一番効果的だと思います。

穴によっては業者さんに対応してもらう必要がある場合がありますが、ちょっとした隙間なら自分でも塞げます。

以上、参考になれば幸いです!