NYのAmazon go(アマゾン・ゴー)に行ってみました

その他

今アメリカで話題の「アマゾン・ゴー」が11月12日にニューヨークミッドタウンイースト(Lexington Ave)にオープンしました。
ダウンタウンに1店舗できているのは知っていたのですが、実はもうすでにミッドタウンイーストにいくつかできてるみたいですね。偶然お店の前を通ったらその日がオープン日との事で、早速行ってきました!

アマゾン・ゴーはレジにて支払いのやり取りをせずに買い物ができるとして話題となっているお店ですが、2018年の1月にアメリカのシアトルに第1号店がオープンしたのを皮切りに、2019年時点でシカゴやサンフランシスコ、ニューヨークにて18店舗展開しています。

登録の仕方

ちらっと見るだけと思って入ったのですが、店員さが良い方で熱心に登録の仕方を説明してくれたので、せっかくだしお店の中まで入ってみました。

まず中に入ると自動ゲートが設置してあり(駅の改札の様な)、右にタッチパネルがあるので、そこに自分のアマゾンのQRコードをタッチするとゲートが開く仕組みになっていました。


※中での撮影が厳禁との事で、外から写真を撮った為見にくくなっていてすみません。

QRコードを取得するにはアマゾンのアカウントを持っている事と、アプリが必要になります。
アプリがなかったので、その場でダウンロード。ログイン後支払い方法を選択します。(以前アマゾンのアカウントで登録していたクレジットカードの情報が出てくるので支払いをしたいクレジットカードの情報をクリック)

これで登録は完了です。

お店の中

お店の中の雰囲気はちょっと広めのコンビニという感じで、品揃えは他のお店と特に変化はなかった様に思います。スターバックスのコーヒーメーカーやジュースなどが飲めるドリンクサーバーがあったのは、珍しい感じがしました。
お店の中にオリジナルのオレンジ色のエコバックがあるので、欲しい商品をバックに入れて買い物が終わったらゲートを出て終了です。事前に登録していたカードから支払いがなされる仕組み。

以上、商品は他のお店でも購入可能な物が多かった気がしますが、なんと言ってもレジに並ばずに済む事、支払いの手間が省ける事は、忙しいニューヨーカーにとってはとっても便利なシステムだと思いました。
ミッドタウンイーストはビジネス街なので、そこにいくつか店舗をオープンしている理由もなんとなくわかる気がしますね。

今後もいくつかニューヨークにオープン予定な様なので、これからの展開に注目です。