NY賃貸不動産事情

お役立ち情報

ニューヨークで仕事が決まった!来年からニューヨークの語学学校に入学する!という方にお勧め。ニューヨークで住居を探すに辺り日本人に人気のエリア、物件の相場、手続きの流れなどの基礎知識などを紹介。

目次

物件の相場とエリア紹介

マンハッタン
NYで最も家賃が高いと言われているエリア。NYの中心部で、有名な観光地であるタイムズスクエアやエンパイアステイトビル等もマンハッタンに位置しています。

日本から渡米してくる方の多くはマンハッタンに会社や学校があると言う方も多いはず。そんな方はやっぱり勤務先や通学先まで近い方がいいですよね。

基本的なお部屋の間取り
・スタジオ : ワンルーム
・1ベッドルーム:1LDK
・2ベッドルーム:2LDK
※基本的にお部屋には冷蔵庫、電子レンジ、コンロ、エアコンはすでに完備されているので、入居後購入する必要はありません。

マンハッタンの物件の相場はスタジオタイプのドアマン付きのアパートを選択する方の場合、月額$3000前後〜(約33万円)の物件が多くなります。しかも新築物件や室内洗濯乾燥機(NYは室内洗濯乾燥機付きの物件が希少です)を希望する場合は$4000(約43万)近くする物件やそれ以上する物件も少なくありません。

スタジオタイプでこの家賃なので、1ベッドルームや2ベットルームを希望する場合はかなり家賃が上がってしまいますね。
1ベッドルームだと相場は$3500〜$5000前後(約38万円〜53万円)、2ベッドルームだと$6000前後〜(約63万円)程です。

そもそもドアマンって必要なの?と思う方もいると思いますが、企業の派遣などで物件を探す人の多くは会社の規定でドアマン必須の方や、なるべく良く知られているマンハッタンエリアに住む様言われている人も多いはず。また、学生さんの多くは、親御さんがドアマン付きが安心と思われる方も多いかもしれません。

しかもドアマンが常駐していない物件の場合、築年数がかなり古かったり、部屋がボロい、エレベーターやビル内ランドリールームが完備されていない物件が多くなちゃうので、この辺も含めて検討した方がいいです。

マンハッタンに住むメリット
1.職場や学校など目的地までの距離が近くなる事が多い
2.ショッピング街(日本食スーパー含む)、スーパー、娯楽などが豊富なエリア
3.日本食レストランも豊富

デメリット
1.家賃が高い
2.家賃がとにかく高い
3.家賃がすごく高い

クイーンズ
このエリアはマンハッタンの西側に位置していて、特にロングアイランドシティと呼ばれる地区は高層アパートが多く立ち並び、現在開発の進んでいるエリア。

ロングアイランドシティの中でもクイーンズボロプラザ(Queensboro Plaza)やコートスクエア(Court Square)地区は絶賛開発中な事もあって、工事現場感がすごく、なかなか落ち着いて過ごせないと思う方もいるかもしれませんが、マンハッタンと比べると築浅物件も多くなるので、綺麗な物件が見つかり安いのが特徴。

個人的には数年前より大分工事も進んで結構出来上がってきたんじゃない?と思うぐらいであまり気にならない感じですが。

マンハッタンと比べると比較的予算内で物件が見つかり安い為、このエリアで物件を探される方も多いはず。
スタジオタイプで$2700前後〜(約30万円)1ベッドルーム$3300前後〜(約36万円)2ベッドルーム$4500前後〜(約49万円)
ロングアイランドシティのエリアでも川沿いは比較的開発が終了していて、家族連れも多く住んでいるとても雰囲気の良い場所なので、こちらもお勧め。(下記参照)

クイーンズに住むメリット
1.築浅で綺麗な物件が多い
2.比較的家賃が低め
3.マンハッタンまで1駅

デメリット
1.工事現場が多い
2.スーパーが少ない

ブルックリン
ブルックリンはクイーンズの下、マンハッタンの右下辺りに位置する地区。

最近ではブッシュウィック(Bush Wick)やダウンタウンブルックリン(Downtown Brooklyn)地区も開発が進んできていて、
お手頃な物件が見つかりやすいですが、まだあまり知名度がないからか、治安面で不安がられる方が多い事も。このエリアで物件を探す人は一度実際に街の雰囲気を見てみるのが良いかもしれないですね。

やっぱりアーティストや若者が多く集まっていて、アンティークショップやブティックが並ぶウィリアムズバーグ(WIlliamsburg)は日本人にとても人気のエリア。

スタジオタイプで$3000前後〜(約33万円)1ベッドルーム$4000前後〜(約43万円)2ベッドルーム$5000前後〜(約53万円)

ブルックリンに住むメリット
1.築浅で綺麗な物件が多い
2.マンハッタンに比べるとまだ家賃が低め
3.おしゃれなエリアに住めるかも

デメリット
1.マンハッタン中心部までのアクセスが遠い
2.地区によっては治安面が不安

手続きの流れ

住みたい物件が決定したら、早速申し込みを行いますが、契約書へ署名して初期費用の支払いが済むまでは完全にお部屋を抑える事が出来ないのがニューヨーク。

基本的に申し込みをすると一時的にマーケットからお部屋を下ろしてくれる事が多いですが、審査の為の書類提出が遅れたり、契約書への署名や支払いをモタモタしていると物件がマーケットに戻ってしまう事もあります。日本で書類の準備などは済ませ、物件が決まった際はすぐに申し込みができる様にしておきましょう。

手続きの流れ
1.物件へのアプリケーション(申し込み書)提出
2.必要書類の提出
3.承認され次第契約書発行
4.契約書への署名及び初期費用の支払い
5.家主が契約書への署名後、契約終了
6.入居

また、コンドミニアム(日本の分譲マンションの様な物件)は物件の家主との契約が全て完了し、家賃や補償金の支払い等も全て終了してから、管理会社の入居審査がスタートすると言うシステムになっている為、通常の賃貸物件に比べて入居審査に要する時間がかなり必要となります。(仮に審査に落ちた場合は家主に支払った家賃や補償金は返金されます。通常犯罪歴などがない場合は審査に落ちる事は希です)

入居審査は通常2週間〜4週間前後要する事があるので、コンドミニアムの物件に申し込む際は時間に余裕を持って申し込みをしましょう。

必要書類と初期費用

必要書類
パスポート顔写真のページ
ビザ等米国での滞在を証明できる書類
留学先からの在籍証明やオファーレター
エンプロイメントレター(英文雇用証明書)
バンクステイトメント(英文預金残高証明書)
直近2ヶ月~3ヶ月分の給与明細

などが一般的な書類となります。

また、賃貸物件の場合、米国に銀行残高を持っている事の証明が必要になるケースが多く、この場合米国にて口座を開設し、銀行から残高証明を出してもらう必要があります。
この際の口座残高に関しては、渡米したばかりと言う理由であればそれほど重要視されない事が多いです。
米国での口座開設は基本的にどこの銀行でも取り扱っていますが、5番街にあるCiti bankには日本語が話せる行員がいるので、英語で口座開設はちょっと不安…という方にはお勧め。

エンプロイメントレターに関しては、氏名、勤務先名称、ポジション名、勤続年数、年収(USD記載)等が必ず記載されていて、勤務先のレターヘッドにて作成されたサイン済みのものが必要となります。
ほとんどの物件では契約する部屋の家賃月額の約40倍以上の年収が要件となっている事が多いので、この場合、仮に$4000の家賃のアパートを借りる場合、雇用証明には最低でも$160,000の年収がある旨の記載が必要となりますね。

給与明細に関しては、求められない場合も多いですが、求められた場合は必ず提出しなければなりません。
(日本語から英語に訳した物を提出します。)

以上、必要書類に関しては物件によって追加書類を求められる事もありますが、上記が一般的に求められる書類です。

申し込みや書類提出の際の注意事項は複雑な場合もあるので、不安がある場合は現地の日系不動産会社の利用をお勧めします。

初期費用例
1. 申し込み費用
2. 初回月家賃
3. 保証金(通常1ヶ月分の家賃)
4. 仲介手数料(年間家賃の15%) ※不動産会社への仲介を依頼する場合

※コンドミニアムへの申し込みの場合は物件によって費用が異なるので、その都度管理会社への確認が必要ですが、通常の賃貸物件と比べると申し込みの際の費用は上記の費用に付け加えて追加の費用が発生するのでかなり高くなります。

初期費用支払い方法
物件によって異なる可能性がありますが、大手管理会社が扱っている賃貸物件の場合クレジットカードでの支払いを対応している所もありますが、
米国の銀行窓口から発行される小切手(バンクチェック)が一般的な支払い方法となります。(この場合発行元の銀行に自分の口座が必要となります)

入居

晴れて契約が終了したら、いよいよ入居です。通常鍵の引き渡しは契約開始日から可能です。
事前に引越しの日取りを決め、電気会社やテレビのケーブル、インターネット契約等の準備を進めます。
電力会社はCon Edisonが一般的に使用されている会社です。
テレビ、ネットに関してはSpectrum、Verizon、RCN(どの会社もテレビとネット両方の開設が可能)が有名ですが、アパートによってはVerizonは使えないなど、使えるケーブル会社が決まっている事があるので、事前にアパート管理会社に確認しましょう。

ドアマンが常駐している様な大きなアパートメントでは事前に家具搬入の為エレベーターの予約なども必要になります。
ミスコミュニケーションでエレベーターの予約が取れていないなんて事にならない様、十分に管理会社担当者との連絡を取り合いスムーズに入居できる様にしましょう。

以上、この記事が参考になれば幸いです。