【アメリカのコンビニ/ドラッグストア】 安くお買い物をしたい人は「CVS」がお勧め!

お役立ち情報

ニューヨークで有名なドラッグストア/コンビニと言えば「CVS」や「Duane Reade」「Walgreens」などがありますが、個人的に利用する事が多いのは圧倒的に「CVS」。

理由は1つクーポンが豊富だから。

他のお店でもストアカードを持っていると特定の商品が安くなるシステムになっていますが、CVSではそれとプラスでクーポンも貰えるんです。

今回はCVSのクーポンに関して纏めてみました。

メンバー登録

CVSでクーポンをゲットする為には、まずストアカード(extra care)への会員登録が必要になります。登録は無料で、方法はお店のカウンターで直接申し込むか、オンラインで登録します。私はまだアプリがなかった時代に登録したので、お店で手続きをしましたが、英語が喋れなかった私でも簡単に登録できました。

登録すると下↓のカードが貰えます。

こちらは鍵を取り付けるのリングに付けれるタイプになっているので、持ち歩く時に便利です。

お店で買い物する際にセール対象になっている商品を買う場合はレジでこのカードをピッとやってもらうとセールの金額でお買い物ができます。
例えば、以下の黄色いタグの商品だと、カードを使うと“buy 1 get 1 50% off”となっています。

このカードを持っていないと、セール対象でもセールの価格で買えないので注意です。私はそんな時の為にバーコードを携帯電話アプリに登録しています。

CVSアプリのダウンロード

CVSのアプリをダウンロードすると、携帯電話上にも自分のバーコードが登録できるので、もしカードを忘れても安心です。

アプリをダウンロードしたら「Link your card」という項目からカード番号を登録します。カードをすでに持っている人はバーコードを枠にかざすと自動で登録してくれます。

アプリの活用

登録が完了すると、こんな画面がでてくるので、「Deal & Rewards」をクリックしてどんなクーポンがあるか確認します。

自分が欲しいクーポンが見つかったら「Send to Card」をクリック

「On Card」 というマークに変わればクーポンが貰えた事になります。

支払い時にextra careカードを提示するだけで、貰ったクーポンの商品が割引されます。

アプリ以外にクーポンをゲットする方法

CVSのお店の中にはクーポンセンター(Cupon Center)という機械が置いてあり、そこにextra careカードをかざすか、会員登録時に登録した電話番号を入力するとクーポンが発行されます。同じ商品でこの機械のクーポンとアプリのクーポン両方が使える事もあるので、その場合はもっと安く買い物が出来ちゃいます。

その他、アプリを持ってない場合でも、extra careカードをお会計時にかざすだけで、レシートにクーポンがたくさん付いてきます!

こんな感じです。

レシートがめちゃめちゃ長くなります。(笑)

色々な商品がお得な価格で購入できるので、まだextra careカードをお持ちでない方は是非登録する事をお勧めします!

以上、参考になれば幸いです。