高たんぱく質で食物繊維たっぷりの「ブルグル」

美容/健康

「次に来る穀物はこれ!」とも言われているブルグルという食材。みなさんはご存知ですか?

私自身は食べた事のある食材ですが、アメリカには穀物の食材がとても多いので名前までは把握していませんでした。

先日いつも食べているキヌアをオーダーしようと思って、見つけたブルグル。調べてみると高栄養価の食材と言う事なので、今回はこの「ブルグル」を紹介しようと思います。

ブルグルとは


英語では「Bulgur Wheat」と呼ばれており、ブルガー小麦と呼ばれる事もあります。

元々はトルコの国民食だったブルグルですが現在は中東からヨーロッパでよく食べられている「挽き割り小麦」。

「ブルグル」はパスタなどに使われているデュラム小麦(たんぱく質を多く含む硬質小麦の仲間であるアンバー・デュラム小麦)を全粒のまま蒸した後、粗挽きにしたもの。

クスクスと似ていますが、クスクスより大粒で、小麦を粉にしてパスタにしたものがクスクスとなるのに対して、ブルグルは原料の小麦を砕いただけのものになります。



ブルグルの特徴

①高栄養価
ブルガー小麦には、精製された小麦よりも高レベルの栄養素が含まれています。

ブルグル 100gに含まれる栄養素としては、

エネルギー342kcal
炭水化物 75.87 g
糖類 0.41 g
食物繊維 18.3 g
脂肪 1.33 g
タンパク質 12.29 g
ビタミンA 9 IU
チアミン (B1) 0.232 mg
リボフラビン (B2) 0.115 mg
ナイアシン (B3) 5.114 mg
ビタミンB6 0.342 mg
葉酸 (B9) 27 μg
ビタミンE 0.06 mg
ナトリウム 17 mg
カリウム 410 mg
カルシウム 35 mg
マグネシウム 164 mg
リン 300 mg
鉄分 2.46 mg
亜鉛 1.93 mg

出典:Wikipedia

と、似た食材であるクスクスに比べてもかなり栄養価の高い食品です。

また、低GI値でダイエットにも最適との事。ダイエット中の方はお米の代わりにブルグルを食べるのも良いかもしれませんね。

色々な料理と相性が良いので、いつもの料理にブルグルを足してお料理全体の栄養価を上げる事もできそうです。

②調理が簡単

調理方法は基本湯でて調理する形になりますが、お米と同じ炊き方で調理する事もできるそうです。
茹でる場合は10分ほどで調理ができるので、とっても簡単です。

③美味しい
ブルグルはそのままの茹でただけではあまり味は感じませんでしたが、食感がプチプチとしていて食べ応えがあります。
シンプルにコンソメと茹でると、そのままでも美味しく食べられちゃいます。
 
キヌアも一緒に入れてコンソメ味で茹でたら、とっても美味しかったです。

その他、サラダに入れたりお米と一緒に炊いたり、リゾットにしたり、ひき肉料理に混ぜても美味しいです。

日本で購入するには

日本ではまだ馴染みがない食品かもしれませんが、海外製品を取り扱っているお店(カルディ)や自然食品を取り扱っているお店、業務スーパーなどで手に入るようです。

お店での購入が難しい場合は、ネット通販でも簡単に購入できるようですので気になる方は是非調べてみてください!