ルイボスティーの効果

美容/健康

美容や健康に良いと言われていて人気のルイボスティー。南アフリカ共和国のセダルバーグ山脈にしか自生できない植物でこれを乾燥させってお茶にした物がルイボスティーとなるわけです。健康茶として一般的なこのお茶の効果に付いてまとめてみました。

ルイボスティーの効果

抗酸化作用

ルイボスティーの一番の効果はこの「抗酸化作用」ですね。体内に常に取り入れられている「活性酸素」、酸素を吸うだけでその一部は活性酸素になると言われています。活性酸素は体を酸化させ衰えさせるため、様々な病気や肌の衰えはこの活性酸素が原因の一つとなっていると言われています。

ルイボスティーの栄養素の中にはSOD酵素と呼ばれる酵素が多く含まれており、このSOD酵素が活性酸素を除去し、体を老化から守る作用があると言われているんです。また、ルイボスティーにはSOD酵素以外にもフラボノイ(ポリフェノールの一種)やカルシュウム、マグネシュウムなどのミネラルも豊富に含んでおり、イライラを抑えたり、脳の興奮を抑えたりするなどの効果もある為、ストレスの緩和にも効果的です。

ルイボスティーの抗酸化作用によって得られる効果

薄毛・白髪への効果

薄毛の原因は毛根にある毛母細胞と毛頭細胞(栄養や酸素を取り込む組織)が活性酸素によって傷つけられる事により、うまく酸素や栄養を取り込みにくくなる為、髪が抜け落ちてしまうと考えられています。

白髪に関しても、ミネラルやメラノサイト不足やストレスによる血行不良が原因の一つです。

こういった髪のトラブルもルイボスティーの抗酸化作用やミネラル、ストレス緩和作用によって毛根を健康に保つ手助けをしてくれます。

しみ・シワへの効果

しみ、シワ、吹き出物などのお肌のトラブルも活性酸素が原因の1つです。ルイボスティーに含まれるミレラルやビタミンカルシウムなど、肌の健康に欠かせない成分が美肌への効果に期待できます。

安眠効果

日々の生活の中でのストレスも体内の活性酸素を増やす要因の1つ。ルイボスティーにはイライラを抑える効果や体を温める効果もあるので、ゆっくり眠れる安眠効果もあります。

ルイボスティーはカフェインを含まないという事で、妊婦さんやカフェインの摂取を控えている人にも安心して飲めるお茶ですね。まだ飲んだ事のない方は是非機会があればお試しください。